kekka.htmlっ

<萌え年齢テストの統計解析結果2>





二つのサイト合わせた効果により、延べ、約20000人の萌え年齢DATAです。 以前同様、TPI萌え年齢を50:50で合成しています。 考察としては、二つのアドレスなどで広いサイトに知れ渡ったためか、 一般化され若干広がりを持ちました。特に上方が増えましたように見えます。<萌えてない人も加わり、 でも、まあ、平均年齢もさして変わらずで桁の数は気にしないで下さい♪ グラフも若干なまりましたが、依然として飛び出てる二つの特徴がありますね。 ここまで来るとこの年齢にやはり何か強い意味があるようですね。 きっと有意義な年齢なのでしょう〜☆
その他の情報は以前と酷似してるため割愛しました。 以前のあれが一番見ごたえのあるDATA数です。<3つの線それぞれがバランス良く意味を持っています。 強いて言えば、現実派、非現実派の谷が深くなった感じくらいです。 (現実派のパーセンテージ(横軸)が下がり(左にずれて)人数は増えました。 同時に非現実派もパーセンテージは変わらないものの数が増えました。) 統計グラフは大抵、 被検体が増えるとなまり、分散、散乱傾向が多く出て来て、微分的特徴がつかみづらくなるようです。 1000から3000くらいが意味が見えやすかったです。 よって、区間DATAを何度も確認したりしてました。






 


  
 







frm